新しい町に着いたら
イラスト:ハタパグ
[画像のクリックで拡大表示]

 夕方。舞子は課長の衣笠に会議室に呼ばれた。部課長会議が終わってからの、このタイミングの呼び出し。なんとなく嫌な予感がする。舞子はとぼとぼと衣笠の後を追う。

 「あのね、並木さん。購買システムを、来年度からグループ子会社にも順次展開することになったよ…」

 衣笠は毛むくじゃらの太い中指で、眼鏡のブリッジを何度か上げ下げした。たまにその仕草を見かける。言いにくい話を切り出す時の手癖のようだ。

 「まだ安定運用できていないのに、い、いきなりグループ会社に展開ですか?」

 舞子は思わず言葉を詰まらせる。

 ――まだ1年、回してもいない(かつトラブルだらけの)未熟なシステムなのに、いきなり横展開しろだなんて…。まったくお上は何を考えているのだろう。冗談じゃない!

 …と、舞子は深呼吸して怒りの言葉を飲み込んだ。少し前までの舞子だったら、ここで目の前の衣笠にキンキンと盾突いたに違いない。しかし、そうしたところでどうにもならないことを、舞子はもうよく分かっていた。もはや、逆らう気力すら起きないのも正直なところだが。

 「で、まず私は何をすればいいのでしょうか?」

 伸びた前髪をふわっとかき上げる舞子。

 「あ…う、うん。まずはね、ナジミ倉庫の情報システム室長の佐原(さはら)さんと、購買部長の能見(のうみ)さんに話を持っていかないといけないんだ」

 衣笠は妙に優しい口調で続けた。舞子から何の反論もなかったのが意外だったのか(あるいは怖がっているのか?)、愛想笑いを浮かべている。

 「ナジミ…ですか。よりによって…」

 舞子は顔を曇らせた。ナジミ倉庫は、アリアグループの中でも最も面倒な会社の1つだ。本体から出向や転籍した「うるさ型」の年配社員が多いと聞く。勝手に物事を進めては、後々面倒なことになるのは目に見えている。

 「とりあえずね。来月に一度、先方を訪問したいんだ。並木さんに段取りをお願いできるかな?」

 「はい…。承知しました」

 2つ返事で受けた舞子。さて、どうやってアプローチしたものか?そこで、定時を知らせるチャイムが鳴った。

―――――

 舞子はコンビ二の袋を片手に、自宅マンションのエレベーターに乗り込んだ。扉が開くと、正面の姿見に映った自分と目が合う。

 ――随分と疲れているな。

 舞子はとっさに目をそらして背中を向けた。

 部屋に戻ると手早くシャワーを浴び、さっき買ったハーゲンダッツのアイスクリームをテーブルに置いた。その足で、ウッドのサイドボードからファミコン本体を引っ張り出し、カートリッジをセットする。

 「さてと、プレイ再開」

 今日もドラクエの世界に身を浸す。おやすみ前の、ひとときの気分転換だ。冒険の旅は進む。パーティーのレベルは順調に上がり、新しい町に到着した。

 「まず、町の人たちから話を聞かないとね」

 軽快なBGMに合わせて、勇者まいこ率いるパーティーは町のあちこちを歩き回り、人びとに話しかける。

 「うわさでは、この地下牢には抜け穴があるそうだ」

 「王様は胡椒が大好きだ」

 「この世界のどこかに、海の水を干上がらせる壺があるらしい」

 「光の玉があれば、魔王の魔力を弱めることができるでしょう」

 さまざまな情報を得ながら、「次にどこで何をすべきか?」「どんなアイテムを手に入れるべきか?」「誰を訪ねるべきか?」を考える。お城や町の人びとから引き出す情報は、宝なのだ。

 ――そういえば…

 舞子はコントローラーを操る手を止めた。

 ――いきなりナジミの部長2人にアポを取って押しかけても、門前払いにされてしまいそうよね。まずは、周りの人たちに話を聞いたほうがいいのかもしれない…。

 舞子はプラスチックのスプーンでアイスクリームをすくい、口に含む。チョコミントのひんやりとした甘さが、喉にじんわり広がった。

主な登場人物の紹介

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら