2016年9月5日から9月9日に公表された市場動向についてレポートする。IDC Japan「国内コラボレーティブ/コンテンツアプリケーション市場予測」、IDC Japan「国内ストレージソフトウェア市場実績および予測」、IDC Japan「国内コピー/プリント関連市場およびページボリュームの動向」を取り上げる。

 IDC Japanは2016年9月5日、国内のコピー/プリント関連機器の市場動向に関する調査結果を発表した。それによると、2015年のコピー/プリント関連機器の総売上額は前年比1.4%増の9234億円。2015年~2020年の年間平均成長率(CAGR)はマイナス1.4%と分析。2020年の市場規模を8624億円と予測した。

[画像のクリックで拡大表示]
国内コピー/プリント関連ハードウエア市場 売上額予測、2011年~2020年
2015年までは実績値、2016年以降は予測値。2011年のスキャナーの実績値は反映されていない。(出所:IDC Japan)

 コピー/プリント関連市場におけるハードウェア別の動向も調査。レーザーMFP(Multi Function Peripheral/複合機)の市場規模が7020億円と、最も大きな比率を占めた。次いでインクジェット機器が911億円、レーザープリンターが750億円だった。

 LFP(Large Format Printer)の市場規模は277億円。ラインプリンター/シリアルドットマトリックスプリンターは202億円、スキャナーは74億円だった。

 2015年~2020年のCAGRについて、レーザーMFPはマイナス0.7%、レーザープリンターはマイナス6.7%、インクジェット機器をマイナス0.9%と予測。主要なハードウェア市場が全てマイナス成長になると予測した。

 なお、コピー/プリント関連機器によって出力された総ページ数を示すページボリュームは、2015年に前年比0.9%増の3366億ページ。2015年~2020年のCAGRはマイナス2.0%で、2020年には3046億ページになるとする。

IDC Japanの発表資料へ

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら