「ブロックチェーンが世界の決済システムを変える」。こうした言説の妥当性はともあれ、その背景には「ブロックチェーンは低コストでスケールアウトできるデータベース」であり、「従来のサーバー集中型システムと比べて低コストで大規模にスケールさせることができる」といった思い込み、一種の“神話”が見え隠れする。

 だが、少なくとも現時点でのブロックチェーンの現実は、大きく異なる。現在運用されている最大規模のブロックチェーンであるビットコインを例にとると、処理できるトランザクション(取引)データ量は、約10分ごとに約1Mバイト。1トランザクション当たりのデータ量は取引の性質によって異なるが、これは平均すると毎秒7トランザクションに相当する。これでは、とても世界の決済インフラを担える処理能力とはいえない。

 また、その取引処理に要するITコストは、対価が支払われている採掘費用だけを見ても、現在は10分おきに12.5BTC (執筆時点の為替レートで約80万円)であり、1トランザクションあたりの単価は数百円となっている。

 これは銀行の振込手数料と比べて同じかやや高い水準で、「低コストで送金できる」とは言えない。ビットコインのエコシステムにおいては、採掘報酬を利用者が負担せず、通貨発行益を充当しているために、あまり意識されてこなかっただけだ(*1)。これが、現時点でのビットコインの実情である。

*1 ビットコインの運営コストとして、本来は採掘報酬だけでなく、ビットコインの全トランザクションを保持するフルノードのサーバー運営費用も含めるべきだろう。ただ、これらは参加者の手弁当となっているため、システム全体としての原価計算は難しい。

 こうした非力で不完全なブロックチェーンの性能を、技術的な工夫でどこまで引き上げることができるか。そのことを問うのが「ブロックチェーンのスケーラビリティ問題」である。

 今回はビットコインを題材に、スケーラビリティ問題の解決を目指す様々な取り組みを解説しながら、現在のブロックチェーン技術が直面している課題を明らかにする。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら