本題に入る前に、InstagramのTipsを1つ紹介しよう。

 Instagramで企業・店舗アカウントのプロフィールを見ると、「連絡する」という欄があるのに気づいているだろうか(図1図2)。「コンタクトボタン」だ。ユーザーが自らメールアドレス、電話番号などの連絡手段を設定できるほか、実店舗などは店の位置情報も掲載することができるのだ。企業や店舗側にとって、Instagramを見た顧客から予約が入ったり、店に足を運びやすくなったり効果が期待できる(図3)。

図1●スターバックス公式Instagram
[画像のクリックで拡大表示]
図2●コンタクトボタンの例
[画像のクリックで拡大表示]
図3●メールや電話だけでなく位置情報も掲載できる
[画像のクリックで拡大表示]

 通常のプロフィールからビジネスプロフィールに変更すると、このような企業の連絡先情報のほか、Instagramインサイト、直接投稿の宣伝ができる機能なども使える。ビジネス向けツールに切り替えるにはFacebook経由で本人確認をしたうえ、Facebookページをビジネスプロフィールと関連付ければよい。Instagramを本格的に運用したい特に実店舗経営者は、切り替えしてみてはいかがだろうか。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら