今回は目先を変えて、多くの企業が活用できるInstagramハッシュタグ活用キャンペーンの方法を紹介したい。

 新しい便利機能として、Instagramで困るスパムコメントやタグ付けの変更方法もご紹介する。今回も多くの業種業態の企業・ブランドなどで役に立つ内容なので、ぜひ参考にしてほしい。

流行のハッシュタグを知り、撮り方のTPOを学ぼう

 Instagramでは、他のSNSとは違う独特のハッシュタグが流行する傾向にある。これを知っていると、「Instagramが分かっている感」が出て、インスタグラマーたちに強く刺さるという効果がある。インスタグラマーに強くアピールしたい際には、効果的に利用できるはずだ。以下で代表的なものを見ていこう。

 Instagramでは撮り方のパターン別にハッシュタグが用意されていることをご存知だろうか。

 「#jumpstagram」は、ジャンプしている瞬間を収めた写真のこと。きれいな形で風景の中で静止した写真はとても人気が高く、現時点で10万以上投稿されている(図1)。「#caughtgramming」は、対象物を撮影しようとスマートフォンやカメラなどを構えている人たちを撮った写真で、約6万の投稿がある(図2)。

図1●#jumpstagram
https://www.instagram.com/explore/tags/jumpstagram/
[画像のクリックで拡大表示]
図2●#caughtgramming
https://www.instagram.com/explore/tags/caughtgramming/
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら