10~20代女性に人気があるInstagramをビジネスで活用したいけれど、アパレル・飲食・コスメなどの相性が良いとされる業種・業態ではない企業はどのように使えるのだろうか。前回に続いて、非ビジュアル系企業や団体などでのInstagramの使い方のコツを実例を挙げながら紹介していく。

 今回は、市区町村・IT企業・不動産会社を例に挙げて紹介したい。もちろん他業種・他業態でも参考になる。

市区町村アカウントは観光・誘致向き

 意外と多いのが、Instagramにおける市区町村アカウントだ。

 市川市役所のアカウントは、市川市の魅力を伝える美しい写真を多数投稿している(図1)。一部は市民から寄せられた写真だ。市川市動植物園、東山魁夷記念館、市川考古博物館、中山法華経寺八大龍王池などの観光スポットのほか、里見公園などにおける季節の花写真なども投稿されている。場所に関する丁寧な説明が付いている点も好感度が高い。

図1●市川市役所のInstagram
https://www.instagram.com/ichikawa_city/
[画像のクリックで拡大表示]

 ポイントは、必ず場所にチェックインしていることだ。このような写真投稿には、観光目的のほか、移住を考えている人に向けてイメージアップの意味があるだろう。チェックインすることで露出の機会も増え、位置情報と結び付くので、実際に足を運んでくれる機会につながっていく。

 福岡市のアカウントも同様に、福岡市で撮影された美しい写真をキュレーションして投稿している(図2)。こちらも当然、様々な場所にチェックインしつつ投稿している。朝焼けや雨の各地など、その地に暮らしている人ならではの美しい写真が満載だ。

図2●福岡市のInstagram
https://www.instagram.com/fukuoka_official/
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら