この連載では、機械学習にまだなじみがない ITマネジャーやエンジニアに向けて、ビジネスへの活用を前提に、機械学習とその応用について説明している。

 第1回(機械学習は、なぜ「未知の問い」への答えを出せるのか)から第2回(利用者をイライラさせないレコメンド機能を機械学習で実現する)、第3回(機械学習で怖い「次元の呪い」、手法の選択は適材適所で)、第4回(機械学習をIoTに応用、人間の行動を認識・予測する)にかけて、機械学習の基本や応用のイメージ、注意点を中心に説明した。

 第5回(機械学習をビジネスに応用! つまずかないための三つのポイント)と第6回(人工知能ビジネスではブルーオーシャンを狙え、目指すは「人工知能破壊」)では、機械学習のビジネス活用に焦点を当てて紹介した。本連載は、今回がひとまず最終回となる。

 機械学習ひいては人工知能(AI)は日々発展を続けている。自動運転や人物の識別など、人間にしか実行できなかった作業をコンピュータで可能にした事例も多く登場している。

 その原動力が「深層学習(ディープラーニング)」である。人間の脳の仕組みを模倣して、機械学習をより高度に実行できるようにした手法、と捉えればよい。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら