本連載「三流SEにならないための20代SEへのエール」では、次の世代を担う今の20代の若いSE向けに、30代後半、40代になっても三流SEにならずにイキイキとSE人生を歩むためには今、何を心がけ、何をやっておけばよいかを、筆者の思いを込めて書いている。

 第1回(ITに詳しいSEは格好よく見える、だがそこに落とし穴がある)からやや間が空いたので、まず前回の内容をおさらいする。

いつの間にか落ちこぼれ的三流SEの道を歩む

 第1回では次のようなことを書いた。SEは20代の若いときには、誰しも自分が30代後半や40代になって落ちこぼれ的三流SEになるとは思っていない。だがSEの長い歴史を見ると、30代後半や40代になってもリーダーシップを発揮してイキイキと仕事をしているSEはいるが、そんなSEばかりではない。若いときのような元気さや溌剌(はつらつ)さがなくなったSEが散見される。

 そして彼ら彼女らは保守的になって、与えられた仕事を淡々と覚めた気持ちでやったり、得意分野の仕事しかやらなかったり、後ろ向きなことばかり言ったりしている。そんなSEは言うまでもないが、後輩SEを引っ張って仕事をすることはできないし、時には邪魔になることさえある。

 すなわち、そのようなSEは落ちこぼれ的な三流SEである。きっと彼ら彼女らは、SEをやっているうちにいつの間にか落ちこぼれ的三流SEの道を歩んだのだと思う。

 SEがそうならないためには、20代の若いうちにSEの仕事に関わる物事、例えばSEや顧客、営業、ビジネス、ITについてSEとしてどう考えるべきか、その正しい考え方を身につけることが極めて重要である。これは筆者の経験から断言できる。

 そして、その時代に身につけるものがおおよそ10項目ある。言い換えれば、三流SEにならないための10原則とも言える。

 前回は、第一の原則として「ITをよく知っているSEが優秀なSEだと思うな」を挙げた。若いSEは往々にして、ITをよく知っているSEが優秀だと思うものだ。そして、ITに詳しいSEは格好よく見える。だがそこに落とし穴がある。それは要注意であるということを述べた。

 きっと読者の中には異論のある人もいると思う。だが、異論のある人は周りのSEだけでなく、SE以外の営業の方々などともトコトン議論してみてほしい。すると筆者が主張していることが分かるはずだ。もし分からなければ、失礼な言い方かもしれないが、そんなSEはきっと三流SEの道を歩むものと思う。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら