日本のIT業界のSEはいろんな問題を抱えている。しかもそれが50数年間、解決しないでいる。そしてSEはこの状況の中で、今も昔も一生懸命仕事をしている。

 だがSEの方々はそれでいいのか。顧客に張り付いて労働集約的な仕事をしていていいのか。営業に便利に使われていて、それでいいのか。受け身的な仕事のやり方をしていていいのか。IT偏重のSEが多くていいのか。ビジネスに弱くていいのか──。

 筆者は1997年から日経コンピュータやITproなどで約20年間、そんな思いをIT業界のSEマネジャーやSE、SE関係者に訴えてきた。そして日本のSEがその世界から脱皮し、変革するにはSEマネジャーやSEが何をすべきか、それについて筆者の経験を基に魂を込めて具体的に述べてきた。それらは全て筆者が現役時代やってきた事柄であり、決して机上の理論ではない。

 特にSEマネジャーの方に言いたい。その鍵を握っているのはSEマネジャーのあなた方である。SEマネジャー自身が汗を流して顧客を訪問し、顔を売り、部下を統率し、ビジネスと営業に強くなることが不可欠である。そして時には体を張って顧客や営業と闘うことも必要である。ぜひSEマネジャーの方々はそのために頑張ってほしい。

 筆者が訴えてきた内容は、日経コンピュータの連載を基に2000年に日経BP社より出した書籍『SEを極める50の鉄則』にまとめて書いた。その本は約10万冊売れ、IT業界のベストセラーと評された。また、それをきっかけに本屋にもSEの在り方に関する本棚もできた。きっとこの日経コンピュータの連載や拙著『SEを極める』は今の30代、40代のSEの方やIT企業のマネジメントの方々に何らかの影響を与えたものと思う。

 だが筆者が執筆を始めてから20年が経ち、それなりの年齢になった。ITの世界もインターネットの時代になるなど、システム環境も変わった。この20年を区切りに、筆者の執筆は今回のこの連載を最後にしたい。

 そこで今回はSEマネジャーやSE、SE関係者の方々に筆者の最後のメッセージとして、改めてSEが抱えている問題がなぜ解決しないのか、その根っ子の問題について書きたい。IT企業のSEマネジャーやSE、SE関係者の方々は馬場の最後の言葉だと思ってぜひ読んでほしい。そして日本のSEの変革に役立ててほしい。

体制図や人月の提示が最大の要因

 日本のSEが抱えている問題が解決しない最大の要因は、IT企業がシステム開発プロジェクトで顧客にSEの体制図を出したり、「何人月いくらでやります」などと人月を提示するビジネスのやり方である。いわゆるIT業界の因習的な「SEのモノ扱い」である。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら