写真1●アズビル 業務システム部 運用管理グループの松原健グループマネージャー
(撮影:菊池くらげ)
[画像のクリックで拡大表示]

 計測・制御機器メーカーのアズビル(旧・山武)は、2016年6月1日から3日にかけて開催された「AWS Summit Tokyo 2016」で、Amazon Web Services(AWS)上でのSAP ERP(R/3)を用いた基幹システム構築をテーマに講演した。1万人が使う大規模システムのAWS移行を決断するまでの経緯や、約1年にわたって運用する中で何をメリットに感じ、どんな課題に直面しているかを語った。

 「担当者は、もやもやとした不安を抱えていた」。同社 業務システム部 運用管理グループの松原健グループマネージャーは、AWS導入の検討時をこう振り返る(写真1)。

 クラウド化の対象となったのは、生産、販売、在庫管理、人事、財務会計など事業の根幹を支える基幹システムで、ユーザー数は約1万人。事業のグローバル展開への対応などのためSAP ERPへの切り替えが決まり、その稼働基盤としてAWSを検討した。だが同社にはそれまでクラウドの活用経験がなく、不安が大きかった。

“もやもやとした不安”解消までの道のり

 そこでまず、コストや性能、可用性、拡張性など9項目にわたってクラウドとオンプレミス(自社所有)環境の比較を実施した(写真2)。オンプレミス環境に軍配が上がったのは、可用性と実績だけ。それ以外の項目は、同等かクラウドの方が優れている、という結果になった。

写真2●9項目でクラウドとオンプレミスを比較
[画像のクリックで拡大表示]

 特にコストの試算では、BCP(Business Continuity Planning)対策用バックアップ環境の構築まで含めると、クラウドの採用によって4年間で1億円のコストを削減できることが分かった。

 だが担当者としての不安は消えなかったという。「自社で気付かないリスクがあるのではないか」(松原氏)との思いがぬぐえなかったためだ。

 想定外のリスクを洗い出すため、ハードウエアベンダーやコンサルティング会社など複数の企業に意見を聞いた。「データ転送に時間が掛かり、予定した移行期間内に作業が終わらない可能性がある」「他社と環境を共有するため性能にばらつきが出る」「障害発生時に原因を特定できない可能性がある」といった指摘を受けた。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら