イオン銀行が2016年4月22日に発表した、イオンカードにおける過剰請求。そのキャッシングサービスを支えるイオンクレジットサービス(ACS)の業務システムには事実上、利息の日割り計算を自動処理できる仕組みがなかった(関連記事:根深きイオン銀行の過剰請求、システムに日割り利息計算機能が事実上なし)。そのことが、2400件の過剰請求を招く結果となった。

 しかし、同業務システムがトラブルを引き起こしたのは、今回が初めてではない。今から遡ること約10年前。大規模なシステム障害が引き金となり4カ月間にわたって、顧客対応や事務処理の現場は混乱を極めた(図1)。

図1●イオンクレジットサービスの業務システムで約10年前に発生したトラブルを示す内部資料

 ACSは2005年3月2日、貸金業法の改正対応などを目的に業務システムを改修、本番稼働させた。ところが切り替え当初から、トラブルが頻発した。翌日である3月3日には、「早期完済などの入金分が返済分に充当されない」「画面表示が異常」といった障害が発生。3月4日以降も新たな問題事象が次々と追加報告され、収束する気配はなかった。

 その間、情報システム部門は十分な対応ができていなかったようだ。3月上旬に作成された内部報告書には、「システム(部門)から連絡がなく、現場は対応に苦慮している。顧客からコールセンターや各支店・営業所に対してクレームが寄せられており、至急、システム障害全体の状況を報告してほしい」と記されている。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら