MVNOのモバイル通信サービスの競争が激しい昨今、特定のアプリに使われるパケットをカウントしない、「カウントフリー」を「売り」にするサービスが多くなってきた。筆者も、LINEや各種SNSをカウントフリーにする、LINEの提供する「LINEモバイル」、ゲーム「Pokemon GO」とLINEなどのメッセンジャーアプリをカウントフリーにするプラス・ワン・マーケティングの「Freetel SIM」を愛用している。

 LINEモバイルに関しては以前このコラムで記事に書いた通りだが、その後、LINEのみをカウントフリーにする「LINEフリープラン」から、LINEだけでなくTwitter、Facebook、Instagramをカウントフリーにする「コミュニケーションフリープラン」に変更して今に至る。外出時、待ち合わせする友人とLINEで連絡を取ったり、画像や動画付きでSNSに投稿することが多い筆者にはありがたい。

特定のアプリ使用時のパケットを無料にする「カウントフリー」機能が特徴のLINEモバイルの2つのプラン
[画像のクリックで拡大表示]

 Freetel SIMは、2016年12月20日から、月3GB以上の定額プランに対し、Twitter、Facebook、Instagramなどをカウントフリーにする予定だそうだ。ただし筆者の契約している「使った分だけ安心プラン」は、新サービスは適用されなくてちょっと残念。ただし、LINEについては、動画や画像などもカウントフリー対象になったのがありがたい。

BIGLOBE SIMの「エンタメフリー・オプション」が気になる

 筆者は最近、ビッグローブの提供する「BIGLOBE SIM」に「エンタメフリー・オプション」というカウントフリーサービスがあることを知り、心が踊った。このサービスの存在を知ったのは、先日、AbemaTVが対象に加わったというニュースからである。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら