読書好き、マンガ好きの筆者は、最近はもっぱら紙の本より電子書籍だ。大抵はAmazon.co.jp(以下Amazon)のKindle本コーナーで本を買っている。買った本は、Kindle端末やスマートフォンやタブレット、パソコンのKindleアプリで読む。

 青春時代は、ため込んだ本で自宅の床が抜けかけたほどの本好き。でも今は電子書籍中心で場所も重量も食わないのが、一抹の寂しさを感じながらも気に入っている。

 AmazonのKindle端末に関しては、発売当時から何台か買い替えて今に至っている。今愛用中なのは現行モデルの「Kindle Paperwhite」だ。

容量8倍の「Kindle Paperwhite 32GB マンガモデル」が発売

 Kindleに関しでは、このコラムで何度もレビューを重ねてきた。今の「Kindle Paperwhite」は紙に近い電子ペーパーで長時間読んでいても目が疲れにくく、バックライトを備えているため明かり要らずでどこでも読める、スマホなどのほかの端末に比べて電池の持ちが段違いで良い(仕様によれば電池の持ちは「数週間」。「明るさ設定10、ワイヤレス接続オフ、一日30分使用」の場合)のが気に入っている点だ。

 一方、Kindle端末について不満なのは、ストレージの容量が少ないこと。

 Kindle本は基本的に、容量無制限にクラウドに保存され、読みたいときに端末にダウンロードして読む仕組みとなっている。筆者の所有するWi-Fiモデルは、Wi-Fi環境でダウンロードしなければならず、外出時の持ち出しなどに備えて、読む本をあらかじめダウンロードしておく必要がある。常時、多数の本、願わくば全ての蔵書を入れておいて、好きなものをチョイスして読めたらいいなと思うが、ストレージには限りがある。

 筆者は文字の本も読むが、コミック(マンガ)も多数読む。実は文字の本なら大きくても数百KBなので、筆者のKindleの4GBのストレージ(2GBから4GBに仕様変更されたときにすぐ買い替えた)で数千冊は保存できることになる。これなら蔵書のほとんどを入れておいて「いつでもどこでもマイ本棚」状態が実現できそう。ところが、コミックはそういうわけにはいかない。コミックの容量は、1冊数十MB~大きいものは百MB近くもある。文字だけの本の50~100倍程度の容量を食う。となると、4GBのストレージでも、100冊入るか入らない程度。コミック好きにとっては、ストレージの容量不足は深刻なのだ。

 ところが最近、筆者の所有するKindle Paperwhiteに「マンガモデル」が増える(日本限定、10月21日発売)と聞いて、筆者は小躍りした。容量はなんと現行モデルの8倍である「32GB」だ。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら