最近のMVNOサービスでは、特定のアプリや特定操作を「ノーカウント」にする、俗に言う「カウントフリーサービス」がはやり。最近話題なのは、人気のゲーム「Pokemon GO(ポケモンGO)」の利用分は規定の高速通信のカウントに入れない、というサービスだ。ほかにも、様々なカウントフリーサービスがある。

「LINEモバイル」が「2万件限定申込受付開始」と聞いて

 少し前、「LINEモバイル」という、LINEが行なうMVNOサービスが始まるというニュースを聞いた。何と、LINEやTwitter、Facebookなど、コミュニケーションアプリの利用をノーカウントにしたうえ、月額500円からというリーズナブルな額での提供だというのだ。

 LINEをノーカウントにする、というのは、筆者が既に利用している「FREETEL SIM」(後述)も行っているが、FREETELの方は、テキストメッセージと画像、スタンプという一部の機能のみがノーカウントの対象になっている。ところがLINEモバイルは、音声通話、画像、動画などにおいて、データ通信量がノーカウントになるのだという。これはチェックするしかない。

 正式なサービス開始は10月からだが、9月5日から先着2万件限定で先行販売を行なう、と聞いて、早速申し込んでみた。

 用意されているプランは2つ。高速通信が月1Gバイトで、LINEの通話・トークが使い放題な「LINEフリープラン」(500円~)、3Gバイト~10Gバイトの中から選択できて、LINE、Twitter、Facebookはデータ消費ゼロな「コミュニケーションフリープラン」(月額1110円~)。データのみのプランと音声電話回線付きのプランを用意、SIMのみのほか端末付きのセット(端末は8種類)もある。

 最近は、LINEでのコミュニケーションがほとんど、という人も多い。LINEでの音声通話もフリー、写真や動画をガンガン送っても容量を消費しない、というのはなかなかうれしい。激しい人はLINEで月当たり数ギガバイト使うというから、それらがフリーとなるのはかなりありがたみがありそうだ。

 筆者は、TwitterやFacebookなどの利用も多いし、それらによる付き合いも多い。さらに、これらアプリのダイレクトメッセージで連絡してくる友人も中にはいるので、「コミュニケーションフリープラン」も重宝しそうだ。LINEモバイルのカウントフリー機能では、TwitterやFacebookは、アプリのほか、ブラウザーでの利用も対象となる。

 このLINEモバイル、コミュニケーションのカウントフリーのほか、LINEの年齢認証が可能、SMS認証をスキップ、データプレゼントという3つの特徴的な機能がある。MVNOではLINEの年齢認証が不可で、IDでの検索ができなかったのが、このLINEモバイルを使えばOKだ。認証にはSMSが必要だったのが、SMSなしのプランでもLINEの認証が可能。LINEを使って友だちにデータをプレゼントしたり、もらったりできる、というのもユニークといえる。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら