前回、この新年早々の元旦に行われる「うるう秒」について書いた。過去、このたった1秒の挿入で、過去様々なトラブルがあったりもして、さらに今回、元旦という休日に行われることから、筆者は懸念を抱いていた。大晦日は遅くまで夜更かしして明け方に寝たものの、うるう秒が心配で目が覚めてしまった。

 前回のコラムにも紹介した「日本標準時」のページをiPhoneで見守っていた筆者は、うるう秒の瞬間を偶然キャプチャーできた。キャプチャーが撮れたのが運がいいのか、もしくは元旦早々、ここで多少なりとも運を使ってしまったのか……。

筆者がキャプチャーした、うるう秒の瞬間の「日本標準時」のページ(iPhone SEで撮影)
[画像のクリックで拡大表示]

 Twitterのタイムラインでも、うるう秒を見守る人が結構いた。その中で、NICT本部(東京都小金井市)研究本館に設置している「日本標準時大型表示装置」を見に行っていた人もちらほら見かけた。そのイベントは、NICTのページで告知していたものだ。

NICTのイベント告知チラシの画面
[画像のクリックで拡大表示]

 うるう秒の瞬間近辺はそんな感じだったが、筆者はしばらくTwitterなどの情報を見守って、さしたるトラブルもなさそうなことを確認して再び「寝正月」を決め込んだ。

やはり、ネットやサービスのトラブルが起こると困る

 うるう秒には混乱はなかったものの、新年を迎えた筆者が心配するのは、これだけ様々な情報収集やコミュニケーション、エンタテインメントなどをネットに頼っている昨今、インターネットの回線や主要サービスがトラブルで止まったり、災害レベルで絶たれたりしたら、一体どうなるのだろうか、ということ。世の中には悪意ある人もいて、ハッキングなど、何が起こるか分からない部分もある。

 そういえばTwitterはたまに30分とか1時間とか、つぶやけなかったり、タイムラインのツイートが取得できなかったりもするが、それだけでだいぶうろたえてしまったりもする。

 たまに、自宅のブロードバンド(光回線)がメンテナンスやトラブルで通じないときがある。以前、仕事用のデスクトップパソコンで原稿を書いてる最中に、突然ネットが通じなくなって途方に暮れたことがある。最初は何が起こっているかも分からなかったが、スマホのLTE回線を使って情報収集したら、地元のNTT回線のトラブルだった。

ブロードバンド回線の接続がおかしいときは、自分の使っている回線サービスの保守・障害情報ページを見に行くとよい。フレッツ回線の場合は、回線業者であるNTTとプロバイダー(写真の例ではASAHIネット)の両方をチェックする必要がある
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら