それでは、各レイヤーのパケットに含まれるヘッダーを見ていきましょう。まず着目するのはイーサネットのフレームです。

 パソコンでインターネットにアクセスするとき、社内や自宅のLANを経由するのが一般的です。こうしたLANで通信する際に使われるプロトコルは、イーサネットです。イーサネットのフレームは図3-1のようになっています。

図3-1●イーサネットフレームの構造
イーサネットは規格上、IEEE 802.3に基づいていることになっている。しかし実際には、業界標準となったDIX(Digital Equipment、Intel、Xeroxの略)規格のフレームが広く使われている。
[画像のクリックで拡大表示]

 イーサネットフレームのフォーマットは、実は何種類かあります。広く利用されているのはDIXという規格のフォーマットです。イーサネットの標準規格であるIEEE 802.3のフォーマットは、一部でしか利用されていません。

▼フレーム
イーサネットでやり取りされるパケットは「フレーム」と呼ばれています。一般にデータリンク層に流れるデータはフレームと呼びます。これに対して上位のネットワーク層に流れるデータはパケットと呼びます。更にUDPはデータグラム、TCPはストリームということが多いです。実際のところは、すべて「パケット」で大丈夫です。ただ、利用される層やプロトコルによって、流れるデータを呼び方で区別しているという意味が強いです。実際の現場でも、イーサネット上を流れるデータをフレームと呼ぶのがほとんどです。
▼一般的です
3Gモデム内蔵パソコンを除けばLANを経由します。Bluetoothテザリングの場合も、LANを使っていないといえるかもしれません。
▼DIX
DEC(Digital Equipment)、Intel、Xeroxの略です。この3社がイーサネットの仕様を規格化しました。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら