2016年度に入って日常生活でマイナンバーの提供を求められた方も多いだろう。ただ、複雑な制度だけにインターネットやメディアでは誤解に基づいた「都市伝説」が広まっている。日常生活に影響を与えかねないものもある。典型例を紹介する。

「マイナンバーは普及していない」と言われるが…

 マイナンバーとは、個人番号のことである。正式名称は「社会保障・税番号」という。

 まず「マイナンバーが普及していない」という言い方は誤りだ。マイナンバーそのものと、マイナンバーカード(個人番号カード)を混同していることが原因のようだ。

図●マイナンバーの通知カードの説明書面(出所:総務省)
[画像のクリックで拡大表示]

 2015年10月のマイナンバー制度の施行後、住民票のある全ての人に「通知カード」が簡易書留で郵送された()。個人番号はそこに記載されている。もし手元に通知カードが届いていなければ、すぐに住んでいる自治体の窓口に相談したほうがよい。

 ネットで広まった都市伝説が、「マイナンバーは受け取り拒否ができる。受け取らない人が多いと制度は崩壊する」というものだ。ツイッターへの書き込みで、2015年夏ごろに広まった。しかし、通知カードの受け取り拒否をしたところで、既にマイナンバーは付番されているので意味はない。

 もし通知カードをなくした場合は、自治体にマイナンバー付きの住民票を請求すれば自分のマイナンバーが分かる。あなたがパートやアルバイト従業員であっても、勤務先の企業から給与や報酬を受け取るには、勤務先が納税手続きのためにマイナンバーを集めて源泉徴収票などに記載することが義務づけられている。勤務先が説明するマイナンバーの利用目的を確認したうえで、マイナンバーを伝える必要がある。

 一方、マイナンバーカード(個人番号カード)は、希望者が申請すれば自治体から交付されるものだ。不要であれば申請しなくてもいい。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が4月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら