Excelファイルにデータを入力したら、そのデータを集計、分析し、阪神タイガースの戦いぶりについて考えていこう。最初に着目するのは「勝敗数」だ。

 スポーツニュースや新聞などは、対戦成績を「×勝×敗×分」という形で掲載している。ここではもう少し踏み込んで、ホームゲームとビジターゲームで、対戦相手ごとの勝敗数にどんな違いがあるのかを考えてみたい。

 プロ野球では、苦手にしているビジター球場を「鬼門」などというが、はたして阪神タイガースに「鬼門」の球場はあるのだろうか。入力したデータから割り出す。

 適切な統計分析をするためには、ある程度のデータ量が必要だ。今年のペナントレースは始まったばかりで、まだ試合数が少ない。今後の戦況を予測するためには、交流戦を除いた前半戦(オールスター休みまでの試合)のデータをベースにしたいところだ。

 そこで、データを追加していくと、集計結果が更新される勝敗表を作成する。終了した試合のデータを追加すると、最新の傾向を確認できるようになる。今回の完成例は、2016年4月16日までの試合結果を集計したものだ(画面1)。

画面1●Excelで簡単な勝敗表を作る。勝率などを自動的に計算する
[画像のクリックで拡大表示]

勝ち負けをピボットテーブルを使わずに集計する

 Excelで、データの集計によく使われるのが「ピボットテーブル」機能だ。特に、縦横でマトリックスのクロス集計をするのに便利だ。横項目と縦項目を、試行錯誤しながら分析したい場合に向いている。思いもよらない結果や、新たな気づきが得られることもある。

 ただ、今回のように項目数が多いと、画面が煩雑になってしまいがち(画面2)。集計結果の表作りに苦労することもある。

画面2●煩雑になってしまった分析画面。要素が多く、分かりにくい
[画像のクリックで拡大表示]

 そこで今回は、統計関数を使って集計することにする。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら