ブロックチェーンは、デジタルの世界に長らく存在する根本的な問題を解決する新たなソリューションである。問題とは、インターネット上の信頼度の低いネットワークを通じてやり取りする際の信頼性の構築、多数のデバイスの間で完全なデータを同時に共有する方法、といったことだ。

 ブロックチェーンは、過去の履歴を保持しつつ、データや取引履歴の改ざん防止機能を備えた金融取引を、ユーザー間で可能にするデータ構造だ。ブロックチェーンを用いれば、データの変更、破壊、公開や、サービスの停止などを一方的に実行する権限を持つ中央当局の関与なしに、金融取引を実施できる。

 すなわち、多様なサービスがピア・ツー・ピアで提供可能であり、ユーザーやサプライヤーに対する追加のコストは発生しない。ブロックチェーンは、Uberや Airbnb、eBayから、IoT (Internet of Things) 、デジタル通貨、公的な身分証明書、資産台帳、サプライチェーンデータに至るまで、あらゆるものに影響を及ぼす。

ブロックチェーンが金融業界にどんな変革を?

 ブロックチェーンには2種類の要素があり、それぞれ異なる方法で金融セクターのビジネスに影響を及ぼす。第一に暗号型通貨(クリプトカレンシー) 、第二にブロックチェーン・アプリケーションである。

 暗号型通貨は、暗号で保護されたデジタル通貨である。これは、国境を超えて完全にピア・ツー・ピアで交換でき、銀行などの中央当局の関与なしに管理が可能だ。

 ブロックチェーンと金融機関との関係は、現状では単純である。暗号型通貨は、伝統的な金融バリューチェーンから完全に切り離した存在になり得る。現時点では、暗号型通貨の普及率はまだ高くない。だがいくつかの国では、暗号型通貨を政府が認可する金融サービスに含める検討を進めている。

 近い将来多くの金融機関は、ウォレット、マイクロペイメントサービスなどのサービスプロバイダーを買収・提携して、暗号型通貨を用いたサービスを提供することになるだろう。一方で、匿名性が高いブロックチェーンという新しいシステム上で、顧客管理(KYC)やマネーロンダリング対策(AML)を実行するため、それらに対する対応が必要になるだろう。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら