「マルチギガビットイーサネット技術」は、2015年の注目技術だ。既に敷設したケーブルを利用して、2.5G/5Gビット/秒といった1Gビット/秒を超える通信を手軽に導入できる。今はまだ、業界団体による仕様しかない状況だが、イーサネットの仕様を定めているIEEEの802.3委員会でも「2.5GBASE-T」「5GBASE-T」として標準化作業が始まっている。注目される理由は急速に発展してきた無線LANの高速化を生かせるからだ。既設の配線を流用しつつ高速化が可能になる。まずはマルチギガビットイーサネット技術が登場する背景を整理しよう。

LANケーブルはカテゴリー5e/6がまだ主流

 イーサネットは1980年代に産声を上げてから、30年以上にわたって常に進化してきた(図1)。イーサネットの普及は「10BASE-T」と呼ばれる、10Mビット/秒の規格の登場がきっかけだ。それまでの主流だった同軸ケーブルからツイストペアケーブル(より対線)にケーブルを変更したのだ。その後ツイストペアケーブルを使うイーサネット規格は「100BASE-TX」「1000BASE-T」と高速化した。通信速度はそれぞれ100Mビット/秒、1Gビット/秒だ。現在のところ10Gビット/秒の「10GBASE-T」まで規格化が完了している。

図1●イーサネットのロードマップ
米イーサネットアライアンスが公開した最新(2015年版)のロードマップ。現在は2.5G/5Gイーサネットや400Gイーサネットの開発を加速、2020年以降にT(テラ)ビット/秒クラスを目指す。
[画像のクリックで拡大表示]

 1Gビット/秒の1000BASE-Tが普及し始めた2000年前半から現在まで、世界中では毎年数十億mのツイストペアケーブルが利用されている。ツイストペアケーブルは対応可能な通信速度などによって「カテゴリー」に分かれる。各カテゴリーごとに利用できる回線帯域と距離に制限がある。主流は1Gビット/秒で最大100mまでの利用が推奨されているカテゴリー5eとカテゴリー6。現在は9割近くがこのタイプのケーブルだ(図2)。

図2●イーサネットケーブルの年ごとの売り上げ
カテゴリー5eのケーブルは減少傾向だが、カテゴリー6と合わせると新規に敷設されるイーサネットケーブルの大半を占めている状況は続いている。米ブロードコム、米シスコシステムズ、米デル、米HPの4社が英BSRIAに委託して調査し、IEEE 802.3NGEABT Study Groupで発表した結果を基に作成した。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が4月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら