唐突ですが、僕は岩手県の盛岡市で生まれ育ちました。岩手県は北海道に次いで二番目に広く(「県」では一番)、しかし人口130万人ほどです。人口密度は北海道に次いでビリから2番目。県庁所在地の盛岡市も人口30万人ほどの小都市です。

 そんな岩手県ですが、スマートフォン(スマホ)の位置情報ゲームを使った地域振興という点では全国の先端を行く自治体です。「Pokémon GO(ポケモンGO)で今をときめく米ナイアンティックの「Ingress(イングレス)」が日本ではやり始めた2014年9月にいち早く「岩手県庁Ingress活用研究会」を発足(関連記事:岩手県がスマホゲーム「Ingress」を観光振興などに活用 )、同年11月には世界で初めて自治体主催のIngressの街歩きイベントを開催。初の試みにも関わらず50人もの参加者を集めて成功させ、Ingressと岩手県の名を全国の自治体関係者に知らしめました(関連記事:50人強、7グループが盛岡街歩き、岩手県のIngressイベントは「大成功」)。

位置情報ゲーム活用で先行した岩手県、その裏には仕掛け人が…

 岩手県庁Ingress活用研究会はその後「岩手県庁ゲームノミクス研究会」に発展(関連記事:Ingress活用の岩手県、「ゲームノミクス研究会」を発足、ゲームによる地域活性化を推進)。ゲームを利用した地域振興の旗を振り続けてきました。ことし8月には、宮城県や熊本県、福島県と共にポケモンGOを活用した観光振興で被災地4県が協力すると発表したのも記憶に新しいところです。

写真●岩手県秘書広報室長の保和衛氏
保和衛(たもつ・やすえい):1960年岩手県生まれ。1983年に岩手県入庁。工業振興、財政、政策調整、企業誘致などに従事、2013年に秘書広報室副室長兼首席調査監、2016年4月から現職。知事・副知事のサポートの傍ら、2014年9月にスマホ向けゲーム「Ingress(イングレス)」を観光振興に活用する活動を開始して現在に至り、「岩手県庁ゲームノミクス研究会」の会長を務めている。写真は2014年11月に県として初めて開催したIngress街歩きイベントでの一コマ。エージェントを気取って黒めがねで登場しようとしたが、直前に壊れてしまった。そのまま気にせず挨拶して喝采を浴びた。
[画像のクリックで拡大表示]

 実はこの一連の活動には「仕掛け人」が居ます。岩手県秘書広報室長の保 和衛(たもつ・かずえい)さんです。上記のゲームノミクス研究会のアイコンになってる黒めがねのダンディーなオジサンです。11月2日に盛岡市内で開くカンファレンス「全国自治体ゲームコラボレーションフォーラム」の準備にお忙しいところ、無理を言ってお話を聞きました。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら