スマートフォン、タブレット、ノートパソコンとモバイル端末が多様化し、これらとともに使うSIMもデータ専用、090/080番号による電話機能付き、データ容量の大小と選択肢が増えた。営業担当者をはじめとするモバイルワーカーにどんな機能の端末を提供するのがいいか、というハードウエアの選択だけでも大変である。

 筆者の顧客の中には電話用のフィーチャーフォン、モバイルルーター、そしてiPadと、SIMは2枚、端末は3台持たせている企業もあるし、前回Mモデルで取り上げた例のようにiPhone 6のテザリングでタブレット型PCを持たせている企業もある。SIMは1枚、端末は2台である。

モバイルデバイス利用のパターン比較

 モバイルワーカーに電話は必須であること、テザリングが容易に使えるようになったことを考えると、これからはモバイルルーターの出番は減るだろう。そこで、モバイルルーターを使うパターンを除いて、SIMを1枚で済ませるか、2枚使うか、電話は旧来の090/080番号を使うか、050番号を使うか、という2つの軸でモバイルデバイスの利用パターンを分類したのが図8である。

図8●SIMと電話番号の種類で分類したモバイルデバイス利用パターン
[画像のクリックで拡大表示]

 どのパターンを選択するかは費用の安さだけでなく、電話が確実に使えて品質が十分であること、使い易さ、運用管理の容易性などを検討せねばならない。

 050番号か090番号かという比較では、筆者のお薦めは050番号である。050番号の電話の音声品質は、090番号に劣るがインターネットを使わない閉域モバイルでは問題ない。安価なデータ専用SIMで使えて、基本料や通話料も割安なのが大きな魅力だ。

 ただし、050番号を使うにはスマートフォンにソフトフォン(通話アプリ)をインストールする必要がある。ソフトフォンによって使い勝手やバッテリーの持ち、音質が違うので事前にチェックせねばならない。

 シングルSIMで050番号を使うパターンでは、Aが常識的な形態である。SIMフリースマホにデータ専用SIMを装着し、パソコンやタブレットをテザリングで使う。発信・着信といった電話の操作は一般の携帯端末とさほど変わらず、違和感なく使える。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら