Windowsストアとは、「Windowsストアアプリ」と呼ばれるWindows 8/8.1/10/Mobile用アプリを配布、販売する、アプリマーケットのことだ。したがって、Windows 7からWindows 10へアップグレードしたユーザーは、タスクバーに突然現れた「ストア」アイコンに驚いた方もいたのではないだろうか。

 そこで今回は、今後のWindowsアプリにおいて重要な役割を果たす「Windowsストア」について解説する。

「Windowsストア」を起動する

 本連載は、Windows 7からアップグレードしたユーザーを対象にしているため、Windows 7と同じ「デスクトップアプリ」を中心に解説してきた。

 しかし、タブレットPCやスマートフォンの普及により、タッチ操作に最適化された専用アプリも、Windows 8から利用できるようになった。ただし、こちらは「Windowsストア」を経由しないとインストールすることはできない。

 この「Windowsストア」で配布されるアプリのことを「Windowsストアアプリ」と呼び、Windows 10では「ユニバーサルWindowsプラットフォーム」という仕組みで、デスクトップ、タブレットPC、Windows 10 Mobileなど、様々な端末で同じアプリが動くように進化している。

 このように、今後、多くのアプリは「Windowsストア」から配布されるようになるだろう。つまり「デスクトップしか使わないからWindowsストアは関係ない」とは、言えなくなるのだ。

 それでは、「Windowsストア」を起動してみよう。

 Windows 10のデフォルトのタスクバーには、Windowsマークの付いた手提げ袋のアイコンが表示される。このアイコンが「Windowsストア」のアイコンだ。この「ストア」と表示されるアイコンをクリックすると、「Windowsストア」が起動する(図1)。

図1●「Windowsストア」を起動する
Windows ストアアプリを起動するには、タスクバーにある「ストア」アイコンをクリックする。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら