人材情報SNSサービスのウォンテッドリー(Wantedly)は2016年1月にビジネスチャットサービス「Sync(シンク)」を始めた(写真1)。「Slack(スラック)」「チャットワーク」などが先行するこの分野では“最後発”ながら、同社は既に法人分野で顧客基盤を持ち、ユーザーにとってなじみ深いという強みがある。

写真1●ウォンテッドリーが2016年1月に開始したビジネスチャットツール「Sync(シンク)」のメイン画面
(出所:ウォンテッドリー)
[画像のクリックで拡大表示]

 同社の主力事業は求人する企業と求職する個人をマッチングするSNS「Wantedly」である(関連記事:「高度経済成長期とは働く動機が違う」、ビジョンが企業と人をつなぐ)。チャットツールへの“異業種参入”の理由について、川崎禎紀取締役CTO(最高技術責任者)は「以前からビジネスコミュニケーション全体を支援するサービスを視野に入れていた。その要素としてチャットツールの重要性に注目していた」と説明する(関連記事:「WantedlyはCEOそのもの、私の仕事は形にすること」、ウォンテッドリーの川崎禎紀CTO)。

 最初は人材・求人分野に経営資源を集中させる形でWantedlyを始めた。これが軌道に乗ったため、Syncを投入したというわけだ。

原則無料で利用可能

 現時点ではSyncは原則無料で利用できる。Syncに参加するメンバーはWantedlyのアカウントが必要である。企業・組織として使う場合は法人用アカウント(試用版は無料)を作成する。

 アカウント登録をしなければならないハードルはあるものの、月間利用者数が約70万人、ベンチャー企業を中心に約1万2000社に上るWantedlyの既存ユーザー・法人にとっては使い始めやすい。同社の戦略としては、当面はSync単体での収益化ではなく、主要事業であるWantedlyのユーザー層拡大を目指す考えだ。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら