IoT化によって「モノ」を売るビジネスから「コト」や「サービス」を売るビジネスへの移行が起こっています。ここでいう「サービス」とは、IoTの中でもモノと連携したアプリケーションやWebサービスを指します。モノだけでは製品の差別化が困難となり、サービスを提供することで付加価値を上げる必要があります。

 最終回となる第4回では、第1回から第3回までを総括して、IoTの製品開発における4つのポイントを紹介します。

(1)ネットワーク技術の選択
(2)売り切りからストックモデルへの転換
(3)IoTのサービス作りをどのように取り組むか
(4)アジャイル開発〜失敗を恐れずにとにかくやってみる

ネットワーク技術に何を選択すべきなのか

 IoT機器を作る際に、必要になるのが通信モジュールです。IoTの中では「モノ」のセンサーデータを取得することや、遠隔から操作すること、最新のファームウェアに更新することなど、様々な用途があります。ただしどのような用途でも、モノがインターネットにつながっている状態であるためには通信が不可欠です。

 一方で、第1回に触れたように、IoTの通信規格には様々なものがあります。

・3G
・LTE
・Wi-Fi
・Bluetooth/Bluetooth Low Energy(BLE)
・RFID
・NFC
・ZigBee(920MHz帯)


上記の他にも多様にありますが、提供するモノがどのような環境化で利用されるか、バッテリーへの影響、通信距離の問題などを検討する必要があります。

 また、通信回線は安定性が気になるところかと思います。通信方式によっては、回線が不安定であることや、不通となってしまう場合もあります。また、クラウド(インターネットなどを活用してネットワークに接続されたコンピュータを利用するサービス)などのインターネットサービスを活用していれば、動作保障があったとしても障害が起きることはあるでしょう。こういったことは、事前に検討してリスクに盛り込んでおく必要があります。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら