Windows 10 Mobileは、PC版Windows 10をモバイルデバイス用にカスタマイズしたバージョンといえる。簡単に言うと「タブレットモードのみのPC版Windows 10」だ。

 ただし、モバイルデバイスは、PCと比較して解像度が低い端末もあるし、基本的にディスプレイを縦位置で利用する。このため、Windows 10 Mobileは、PC版と同じようなGUI構成を持ちながら、レイアウトなどに違いがある。

 GUI操作の中心になるのは、アプリを起動するための「スタート画面」だ。

Windows 10 Mobileの画面遷移。起動直後はロック画面ののち、スタート画面を表示する。ナビゲーションバーの3つのボタンのタッチや長押しで操作を行う
[画像のクリックで拡大表示]

 そもそもWindows 8で採用されたスタート画面は、Windows Phone 7で採用されたスタート画面やタイルをベースに着想されたもの。その源流は、マイクロソフトの音楽プレーヤー「Zune」に採用された「メトロ」(のちにモダンUIと改名)にある。

 Windows 10 Mobileは、PC版と同じく、「アクションセンター」や「タスクビュー」「すべてのアプリ」画面などを持つ。基本的な操作は、液晶下に配置された物理ボタンや画面の下部を使う「ナビゲーションバー」で行う。ここには、「戻る」「スタート」「検索」の3つのボタンがある。

 なお、Windows Phone 7では、物理ボタンを必須としていたが、Windows Phone 8以降はソフト表示によるナビゲーションバーも可能になっている。

 Windows 10 Mobileはスマートフォンやタブレットを想定しているため、指によるタッチ操作が前提だ。基本的なタッチ操作(ジェスチャー)としては、以下がある。

  • タップ:画面へのタッチ
  • タップ・アンド・ホールド:いわゆる「長押し」
  • スワイプ:弾くように画面に触れた指を動かす
  • パン:画面に触れた指を動かす(スクロール)
  • ピンチ・アンド・ストレッチ:二本の指を広げる/閉じる(拡大縮小)

 ナビゲーションバーに対しても「プレス」(押す)と「プレス・アンド・ホールド」(長押し)があり、3個のボタンに対して6個の動作が定義されている。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら