Windows 10 Mobileは、従来のWindows Phone 8.1の後継にあたるOSだ。デスクトップ向けのWindows 10をベースにしており、8インチ未満のディスプレイを持つタブレット、スマートフォン向けとなっている。

 Windows Phoneは、海外では継続的に搭載端末が販売されていたものの、日本ではOSがアップデートされても端末は発売されないことが多かった。状況が変わったのは2015年6月。マウスコンピューターがWindows Phone 8.1端末「MADOSMA Q501」を発売したのだ。MADOSMAの発表時点でマウスコンピューターは、Windows 10 Mobile対応製品の投入をアナウンスしていた。

 その後、日本では各社がWindows 10 Mobile搭載モデルの投入を表明。Windows 10 Mobileの正式提供開始と前後して、MADOSMAのWindows 10 Mobileバージョンだけでなく、FREETELブランド(プラスワン・マーケティング)の「KATANA01」「KATANA02」、ヤマダ電機の「EveryPhone」、トリニティの「NuAns NEO」、サードウェーブデジノスの「Diginnos Mobile DG-W10M」などが発表、発売になった。一方、日本マイクロソフト自身は海外で販売しているWindows 10 Mobile搭載製品を投入していない。

Windows 10 Mobileを搭載したマウスコンピューターの「MADOSMA Q501A」。直販価格は2万6800円(税込み、送料込み)など
[画像のクリックで拡大表示]
ノキアの端末部門を買収したマイクロソフトから発売された「Lumia」(日本未発売)は、Windows 10 Mobileを搭載するスマートフォン
(出所:米マイクロソフト)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら