最終回は、これまでの解説でカバーできなかった導入時点で知っておくべき考慮点を扱う。「分散処理モデルのバリエーション」「セッション管理の違い」「分散型ユーザー認証」の3つだ。

 考慮点は、技術的な注意点だけではない。Webが不得意としてきたサーバー側からブラウザーへの通信や、複数サーバーのデータ統合、IoT対応など、モダンWebの活用範囲の広がりについても解説する。

分散処理のバリエーション(データ取得)

 サーバーから取得するデータの特性によっては、これまで説明した分散処理ではうまく動作しないケースがある。処理モデルをカスタマイズして従来のWebでは難しかった用途を含む幅広い処理に対応できる。

更新頻度が低いデータの処理

 1日に1回程度の更新が行われるデータを扱う場合、Webブラウザーの処理は、サーバーから事前にダウンロードしたデータを用いる。これまで説明してきた分散処理の基本形だ(図1)。例えば、毎日の業務開始時に顧客情報のダウンロードを行い、そのデータを1日利用する運用になる。

図1●分散処理の基本形(データと処理を分散)
[画像のクリックで拡大表示]

更新頻度が高いデータの処理

 例えば、10分間隔でWebサーバーのデータが更新される場合、分散処理の基本形では、ダウンロード済みのデータを用いるため、古い内容が表示されてしまう。データをWebサーバーに集中させ、 非同期通信で更新頻度に合わせた「定期更新」を行うことでデータを最新の状態に保つことができる(図2)。この場合、データは集中するが、画面の生成などの処理はWebブラウザーに分散しているため、高速な画面遷移などのモダンWebの特長は維持される。

図2●データ集中、処理分散モデル
[画像のクリックで拡大表示]

即時更新が必要なデータの処理

 エラーデータなど更新頻度は低いが、更新された場合は即座にWebブラウザーの表示に反映させたい場合も、分散処理の基本形では対応できない。「定期更新」で解決できるが、更新確認のために頻繁に通信する必要があり無駄が多い。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら