モダンWebでは、Webブラウザーに処理が分散するのに伴い、メインの開発言語がサーバー向けのJava、C#、PHPなどから、ブラウザーで動作するJavaScriptに変わる。つまり、従来と異なる言語、実行環境でアプリの主要部分を開発することになる。開発者にとっては、とても大きな変化だ。

 したがって、モダンWeb導入を成功させるためには、自社の環境に適した効率良い開発環境を構築し、この変化をうまく乗り切ることが重要になる。JavaScriptの開発環境には様々な選択肢があり、それらを選択して組み合わせる必要がある。組み合わせによって開発生産性は大きく違ってくる。

 そこで、今回はモダンWebアプリの開発環境について解説する。前半は開発環境の概要と選択基準を解説し、後半は開発環境の組み合わせ例を紹介する。

従来のWebアプリ開発との違い

 図1は、標準的なモダンWebのシステム構成の概略である。従来のWebと比べ開発に関する違いは以下になる。

図1●モダンWebのシステム構成概略
[画像のクリックで拡大表示]

Webサーバー側

 Webブラウザーへの処理の分散に伴い実装する機能は少なくなるため、開発量は減少するものの、基本的に従来の開発環境をそのまま利用できる。ただし、HTMLの代わりJSONデータの処理が必要になる。主要なサーバー向け言語ではJSONがサポートされているが、処理できない場合は外部ライブラリーの追加などで対応する。

 必須ではないが、Webブラウザーからのリクエスト受付をWeb APIで標準化したり、開発言語をブラウザー側とそろえてJavaScriptに変更したりすることもある。

Webブラウザー側

 従来サーバーで実装していた機能をWebブラウザー側で実行するため、開発量が大幅に増加する。 開発言語はJavaScriptに限定され、実行環境もWebサーバーからWebブラウザーへ変わる。つまり、従来と異なる開発環境でアプリのほとんどを開発することになる。

 その中でもJavaScriptの使いこなしが、モダンWebへ移行する際の最大のハードルだ。 読者の中にはJavaScriptの経験があり、使いこなすのに困難を感じたことがない人も多いだろう。ハードルになる理由を次に説明する。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら