「モダンWeb」をご存じだろうか。最新の(=モダンな)技術を用いたWebシステムを指す。

 モダンWebは、20年以上続いてきたWebシステムの基本である「管理と処理をサーバーに集中する方式」から、「管理はサーバーに集中、処理はWebブラウザーへ分散する方式」へアーキテクチャーを抜本的に変えることができる。

 導入により、システム全体の性能と機能アップ、コスト削減、業務の生産性向上を実現する。

 モダンWebという言葉を初めて聞いた人もいるかもしれないが、実験レベルの技術ではない。 既に多くの実績がある。「Google マップ」や「Gmail」にも採用されており、膨大な数のユーザーが毎日利用している。

 しかし、モダンWebを企業内の業務システムに導入するには、複雑な実装が必要、開発工数がかかる、古いバージョンのWebブラウザーで動作しない、などの大きな制約があった。そのため、モダンWebについて技術評価はしたが、導入については、現在は状況待ちという企業が多く、あまり普及していなかった。しかし、これらの問題は、最近になり解決してきた。

 本記事では、これから普及が予想される業務システム向けモダンWebついて、5回に分けて解説する。第1回目である今回は、モダンWebの全体像をつかむため概要を説明する。

 なお、記事の内容はスタッフネットが提供する「モダンWeb開発ワークショップ」から抜粋・加筆した。

HTML5とモダンWeb

 最新のWeb技術といえばHTML5を連想する人が多いだろう。インターネット上では、HTML5関連技術を使った、ビデオの再生、 複雑なグラフィック描画、テレビ会議など、様々な機能の追加がWebブラウザーでできると紹介されている。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら