オフィスにまんべんなく無線LANアクセスポイント(AP)を設置すれば、それは最適な配置といえるだろうか。「APの設置場所をフロア図面で指定してくるユーザー企業がある。しかし、その通りになることは少ない」(日立システムズ ネットワークセキュリティサービス事業部の阿久津 孝義氏)。机上のみの設計はトラブルを招きよせる。

スチール壁は2枚あると厄介

 APの設置場所とエリアの設計作業は「セル設計」と呼ばれる。セル設計の際は、ついスペースをどうカバーするかを意識してしまいがちだ。

 そうではなく、ユーザー数や端末数で設計するのが、快適な無線LANを構築するポイントだ(図1-6)。「今はユーザーがスマートフォンやタブレットを所有することも多い。無線LANに接続する端末数や、実際に通信をする端末数も考慮するべき」(ネットワンシステムズ ビジネス推進本部の田中 政満氏)。

図1-6●適切なセル設計はエリアより人数やクライアント数を基準に
一定面積当たり1台、という考え方でAPを設置すると、APの台数が過剰になったり、十分な性能が出なかったりする。利用人数やクライアント数を考慮に入れてセルを設計すべきだ。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら