2015年7月28日から8月8日の12日間、山口市で「第23回世界スカウトジャンボリー」(23WSJ)が開かれた。WSJは4年に1度開かれるスカウトの世界大会。東京ドーム53個分の広い敷地に、世界161の国と地域から3万人以上の青少年が集い、キャンプ生活を共にする。国立天文台の大江 将史助教は23WSJ会場に世界最大クラスの屋外無線LANを敷設。その構築・運用について、10月1日にITpro EXPO 2015会場で講演した。本レポートは大江助教の講演を再録してお届けする。

(日経NETWORK編集部)

出典:日経NETWORK 2015年12月号 pp.40-47
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。