JavaFXでのGUIの構造とイベント駆動について、前回まで3回にわたって解説してきました。FXMLとコントローラクラスを使用することで、構造をFXML、イベント処理をコントローラクラスを分離して記述できます。

 しかし、FXMLをエディタで記述することはなかなか大変です。そこで、今回はJavaFXのGUI構築ツールであるScene Builderについて紹介していきます。

Scene Builder

 Scene BuilderはOpenJDKのOpenJFXプロジェクトで開発されているGUI構築ツールです。ただし、OpenJFXからソースをダウンロードすることはできますが、バイナリーのパッケージは配布していません。その代わり、GluonがScene Builderのバイナリーパッケージを配布しています。本記事でもGluonが配布しているパッケージを使用します。

 Scene BuilderはGluonのScene Builderのページからダウンロードします。Windows/OS X/Linuxのパッケージが配布されているので、お使いのOSに応じたパッケージをダウンロードしてください。

 本記事ではWindows (x64)を使用します。本記事の執筆時点でのバージョンは8.2.0で、Windows (x64)用のパッケージはSceneBuilder-8.2.0-x64.exeとなります。パッケージをダウンロードしたら、実行してScene Builderをインストールしてください。

 Scene BuilderはFXMLをグラフィカルに編集するためのツールです。このため、コントローラクラスなどJavaのコードは編集できません。Scene Builderは単独で使用せず、ほとんどはIDEと組み合わせて使います。

 本記事ではNetBeans IDE 8.2をScene Builderと組み合わせて使用します。NetBeansからScene Builderを使用するための設定は、特にありません。Scene Builderをインストールすれば、すぐに使えます。

JavaFXアプリケーションの作成

 では、NetBeansとScene Builderで、JavaFXのアプリケーションを作成してみましょう。作成するのは、前回サンプルとして使用したキーを入力すると それに対応した値をラベルに出力するアプリケションです。

 NetBeansでJavaFXアプリケーションを作成するには、まずプロジェクトを作成します。メニューバーの「ファイル」→「新規プロジェクト」を選択するか、プロジェクトペインで右クリックし、ポップアップメニューの「新規プロジェクト」を選択します。

 すると、「新規プロジェクト」ダイアログが表示されます。JavaFXアプリケーションを作成するには、「カテゴリ」のJavaFXから「JavaFXアプリケーション」もしくは「JavaFX FXMLアプリケーション」を選択します(図1)。

図1●新規プロジェクトダイアログ
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら