JavaOne 2017レポートの2回目は、筆者が聴講したセッションのうち興味深かったものを2つレポートします。Java SE 9の注目機能である「Project Jigsaw」と、今後の「Project Panama」で提供される「Vector API」に関するセッションです。

 今年は、Java SE 9がリリースされた直後ということもあり、Project JigsawやJShellなどJava SE 9に関するセッションが多くありました。印象的だったのは、これらがOracleの開発者だけでなく、他の企業やコミュニティーによっても行われていたことです。前回のキーノートのレポートで示したように、Project Jigsawに対応済みのライブラリやフレームワークは少なくありません。すでにProject Jigsawを試しているユーザーが多くいることが見て取れるのではないでしょうか。

 その一方でProject Panamaなど、Java Keynoteで示された要注目の新機能に関するセッションが少なかったのが残念な点です。なお、セッション資料はすでに公開が始まっており、JavaOneのSession Catalogのページからダウンロードできます。

Modules in One Lesson [CON6120]

 今年のJavaOneでProject Jigsawに関するセッションが数多く行われる中で、Java SEのチーフアーキテクトであるMark Reinhold氏もProject Jigsawに関するセッションを担当しています。

Mark Reinhold氏
(撮影:櫻庭 祐一、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 Reinhold氏が担当したのは、Project Jigsawの入門として位置づけられる「Modules in One Lesson」と、マイグレーションに関するセッションの2セッションです。両セッションともライブコーディングで行われたため、資料はありません。ただし、セッションを録画した動画は公開されています。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら