「スマホに乗り換えてみたものの、タッチ操作での文字入力に馴染めない」。今回紹介するピーアップ製のSIMフリースマートフォン「Mode1 RETRO」のレビューは、そんな悩みを持っていらっしゃる方にお読みいただきたい。

ピーアップ製のSIMフリースマートフォン「Mode1 RETRO」。いわゆるガラケーと同じようにテンキーを備えている
(撮影:村元 正剛、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 ピーアップというメーカー名を知らない人も多いだろう。この写真を見て「これがスマホ?」と思う人もいるはずだ。

折りたたみ式で、サブディスプレイには現在時刻や着信通知などを表示
[画像のクリックで拡大表示]

 ピーアップは、主に関東地区で「テルル」という携帯電話専門店を展開する企業。2015年からスマートフォンの自社開発を始め、このMode1 RETROが第2弾となる。

 Mode1 RETROは見た目は従来型の携帯電話機、いわゆるフィーチャーフォンだが、Android OSを搭載し、スマホとしての機能もフル装備した端末だ。テルルやAmazon.co.jpなどで購入でき、税別の実勢価格は1万9800円。実店舗を構えるテルルによる購入後の対面サポートを受けられることも利点だ。

カラバリはブラックとホワイトの2色
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら