5.2型のフルHDディスプレイを搭載
(撮影:村元 正剛、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 今回紹介するSIMフリースマートフォンは、モトローラ・モビリティの「Moto X4」だ。Android 7.1を搭載し、CPUはSnapdragon 630(2.2GHz、8コア)、RAMは4GBという、ハイミドルモデル。Motoシリーズは「Moto Mods」という別売モジュールを装着して機能を拡張できる「Moto Z」シリーズと、コストパフォーマンスを重視した「Moto G」シリーズを展開しているが、「Moto X4」はその中間に位置づけられる。1200万画素のデュアルカメラを搭載し、「かっこいい」というより「きれい」と声を上げたくなるデザインが特徴だ。実勢価格は5万8000円程度で、SIMフリースマホの中ではやや高額といえるだろう。

背面パネルにもガラスを使用し、質感の高い仕上がり
[画像のクリックで拡大表示]

活用の幅が広いデュアルカメラ

 Moto X4の最大のセールスポイントはデュアルカメラだ。10月に発売されたMoto G5Sにも1300万画素×2のデュアルカメラが搭載されていたが、X4では、機能面でさらなる進化を遂げている。

 まず、背面カメラのスペックを確認しておこう。デュアルカメラは、レンズのF値が2.0でセンサーが1200万画素のデュアルピクセルオートフォーカスカメラと、F値が2.2で800万画素の広角カメラで構成されている。

 普段使いの「写真」モードで適用されるのは、デュアルピクセルオートフォーカスカメラで、オートフォーカスが速く、暗い場所でも明るく撮れる。

標準の「写真」で撮影
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら