ZTEジャパンが9月22日に発売した「ZTE Blade V7Max」は、Android 6.0を搭載するSIMフリーのスマートフォン。量販店での実売価格は3万4800円(税別)。ミドルクラスに位置付けられるモデルではあるが、1.8GHzのオクタコアCPU、3GBのメモリー、フルHDディスプレイ、1600万画素のカメラなど、ハイエンド機と肩を並べるスペックを備えている。SIMを2枚挿して使えるDSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)に対応していることもセールスポイントとしている。さっそく、実際の使用感をレビューしていこう。

5.5インチのフルHDディスプレイを搭載
[画像のクリックで拡大表示]
背面パネルはアルミ合金
[画像のクリックで拡大表示]
ディスプレイは視野角が広く、発色も鮮やかだ
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら