ファーウェイ、ASUS、フリーテルなど新興勢力が気を吐くSIMフリースマホ市場で、安定した人気を維持しているのが富士通製の「arrows」。昨年10月に発売されたミドルレンジモデル、arrows M02がロングヒットを記録し、その後継機種として7月に発売されたarrows M03の売れ行きも好調だ。このarrows M03を実際に使った感想を交えつつ、ヒットの理由を探ってみたいと思う。

 ちなみに、arrows M03の実売価格は、量販店で端末のみを購入する場合は3万6920円(税抜)、MVNOのSIMとセットで購入する場合は3万2800円(税抜)。NTTドコモ回線だけでなく、au(KDDI)回線を利用するMVNOのSIMでも利用できる。

5インチHDディスプレイを搭載
[画像のクリックで拡大表示]
SIMサイズはnano。最大200GBのmicroSDも装着可能
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら