システム構築(SI)業界で、新しいモデルへの挑戦が始まった。「できるだけ作らない」「付加価値ベースで見積もり」「納品しない」といった、ユーザー企業とITベンダーが協調できるSIモデルの確立へ動き出している。これまでのSIの伝統的ビジネスモデルは、ユーザー企業とITベンダーの間に不信や対立の芽を生み、双方が不幸になる欠陥を抱えていた。こうした旧弊を脱して、新たなSIを実現しようとする各社の試行錯誤と取り組みを紹介する。

出典:日経コンピュータ 2015年2月5日号 pp.22-35
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。