日本では、今年の2月に発売開始になったグーグルのセットトップボックス「Nexus Player」。動画配信サービスに接続するだけで、普通のテレビが「Android TV」になる。Androidスマートフォン/タブレットでグーグルのコンテンツを、普段から利用しているユーザーに大きなメリットがありそうだ。

グーグルから販売されているセットトップボックス「Nexus Player」。グーグルが提供するコンテンツストア「Google Play」から、「映画&テレビ」や「音楽」「アプリ」もストリーミング/ダウンロードで利用できる。定額制音楽配信サービス「Google Play Music」にも対応。(出所:グーグル)
[画像のクリックで拡大表示]

若干、物足りなく感じるハードウエアスペック

 グーグルの「Nexus Player」は、日本では今年の2月に発売された。米国の発売は昨年の10月に発売されているので、本特集で扱っている他のセットトップボックス(新Apple TV、Fire TV)よりも、1年ぐらい古いことになる。

 CPUは、Intel Atom 1.8GHz(4コア)。メモリは1GBで、他のセットトップボックスの2GBに比べると少ない。また、GPUには、ImaginationのPowerVR G6430が採用されている。G6430は「Series 6」と呼ばれるシリーズに当たる製品だ。Fire TVに採用されている「Series 6 XT」のGX6250よりも世代は古く、スペックは若干落ちる。新Apple TVのA8チップに内蔵されているGPUも「Series 6 XT」のGX6450との情報がある。

 Nexus Playerの発売当初から、ストアの「Google Play」でアプリをダウンロードして利用できた。しかし、内蔵ストレージは8GBで、増設の手段がないことを考えると、どちらかといえばストリーミングによるメディア再生を主体に設計されたものと考えられる。

 当時、最新だった第3世代Apple TVも、メディアのストリーミング再生が主で、アプリの利用はできなかった。Nexus Playerは、第3世代Apple TVのかなり上を行くスペックだが、後発の新Apple TVやFire TVと比べると、見劣りしてしまう。

Nexus Playerは、本体、音声認識リモコン、電源アダプターという構成。本体を上から見ると、CDやDVDとほぼ同じ直径120mmの円形だ。Google Playでの直販価格は1万2800円(税別)。(撮影:伊藤 朝輝)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら