ここは、ネットワーク関連企業「BPネットワークス」が誇る本社の超高層タワービル…の地下3階、機械室の隣にある第二R&Dセンターである。またまたオンラインゲームに没頭中の片岡さん…。

この連載は、報道目的の実験を行い、その結果を掲載するものです。内容には十分注意をしていますが、記事内容を試すことは自己責任で行ってください。

片岡:やらせるか!そこだ!

堀部:先輩!もうすぐ昼休み終わりですよ!

片岡:やかましい!いま大事な…見失った!どこだ!被弾した!

矢田:はーい!終わりね!1時ですよ。

片岡:ちっ、もう少しで次のステージへ進めたのに…。

 吉田さん登場。

吉田:またゲーム?

片岡:休み時間だけだから文句ないだろ!

吉田:はいはい。

堀部:今回はどんな依頼です?

吉田:T社から、無線LANのフレームをすべてキャプチャーしてモニタリングできないか?っていう依頼が来ているの(図1)。

図1●社内に飛び交う無線LANフレームをすべてキャプチャーしたい
社内の無線LANルーターでやり取りされる無線LANフレームだけでなく、無線LANルーターとは関係なく飛んでいる無線LANフレーム(図左のWi-Fiテザリングやアドホックモードなど)もキャプチャーするにはどうすればいいのか。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら