最終日のディスカッション終了後には視察を実施した。行き先は秋田県農業試験場。秋田空港から程近い場所にあり、県農産物のブランドを確立するために、米、スイカ、枝豆など様々な産品の新品種や栽培技術、周年生産技術、病害虫防除技術を開発している。視察のテーマは「秋田アグリクラウド」だ。就農者の減少や高齢化などの課題に対し、ICTの活用によって省力化、技術共有、新規就農者支援などを目指す取り組みである。

秋田県農業試験場に到着。レクチャ—を受けるため 建屋へ

 参加者約40人は到着後、まずレクチャーを受けた。試験場では、センサーを利用して気温、水温、湿度、明るさ、二酸化炭素濃度などの栽培環境を計測。データを基に、作物が最も効率的に育つ環境を分析し、そのベストミックスとして秋田の環境に合った「デジタル栽培レシピ」の作成を目指している。レシピが出来れば、初めて生産する作物の栽培方法の指導や新規就農者への教育が、格段に楽になると期待する。

 栽培環境データの監視もデジタル栽培レシピも、クラウドサービスとして提供している。例えば、温度異常を検知すると利用者にメールで通知され、見回りの効率化やタイムリーな対応が可能になるという。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら