この連載では、仕事で勝てる「ビジネス文章力」をテーマにしている。良いビジネス文章を書きたいなら、単に礼儀作法を知っているだけではダメ。ビジネススキルを向上させること、これが良いビジネス文章を書くための条件である。

 当文章治療課では、筆者がこれまで実務現場で経験してきたケースを使い、さまざまな文章力不足を「病」にたとえ、治療というコンセプトで、スキルアップの具体的方法について紹介する。

 この連載に対しては、読者から「内容が簡単すぎる」「新人向けレベル」「分かり切った内容で参考にならない」などの意見も寄せられている。しかし筆者の25年以上のビジネス経験では、ここで紹介するレベルの文章も書けない中堅社員、管理職が多かった。

 ここで紹介するような「基本レベルの文章を書けること、「それを部下や後輩に正しく教えることができること」──これが本連載の目指すところである。簡単だと軽く考えないことが、ビジネス力の向上につながる。

 今回は「課題解決視点虚弱」の治療である。仕事では課題を見つけて解決することが求められる。この場合に必要なのは、物事を多面的に見て「真の課題」を見つけることである。

 このためには正しい「目の付け所」が必要である。本当はもっと重要な課題があるのに、表面的な課題しか見つけることができない(=目の付け所が外れている)場合がある。これでは正しい課題解決をすることができない。

 課題を解決する仕事では、このようなことが欠かせないのだが、これができていない人も多い。このような人の書く文章に上司は不満を持ち、仕事の評価も低くなる。今日の患者さんも、そういう人だった。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら