正月の風物詩である箱根駅伝で、総合2連覇を果たした青山学院大学。2016年には、一度も往路1区からトップを譲らないまま選手がゴールテープを切る「完全優勝」を39年ぶりに達成し話題を振りまいた。

 弱小だった青山学院陸上競技部をゼロから再建し、10年あまりで超強豪チームへと脱皮させたのは原晋監督の手腕によるところが大きい。独特のチーム理論を掲げ、そして着実に実践して結果を出す「原イズム」には、陸上競技を始めとしたスポーツ関係者のみならず産業界からも熱い視線が注がれる。

 2016年7月、日経BP社主催のイベント「IT Japan 2016」に原監督が登壇。「箱根駅伝連覇を達成したハッピー大作戦の舞台裏」と題し、強いチーム作りについて講演した。惜しみなく観衆に披露した秘訣の数々は、ビジネスの現場でも役立つものばかりだ。原監督はいったい何を語ったのか。

原点は自らの意思で覚悟を持って臨んだ高校時代

[画像のクリックで拡大表示]
写真●青山学院陸上競技部の原晋監督

 本日は、日本の陸上競技の古くて、ともすれば悪しき面もある伝統を崩し、これから世界と戦うために何が必要なのか、その一端をお話したいと思います。

 まず自己紹介から。私は今年49歳です。現役の選手としては合計12年間、陸上の世界にいました。振り返ってみると、真剣に陸上競技に向き合ったのは、広島県立世羅高等学校に在籍していた3年間だったように思います。自らの意思で覚悟を持って臨んだ高校時代。それに対して、なんとなく続けてしまったのが大学生時代や社会人時代でした。そのことを後悔しています。

[画像のクリックで拡大表示]
画面●原監督のプロフィール

 私が現役を退いた理由は、自らの不注意でねんざしてしまったことでした。中京大学体育学部を経て、中国電力に陸上部の1期生として入社したのですが、1年目で故障。結局、5年目で陸上部から「クビ」を言い渡されました。

 現役を引退したとき、当時の上司から送られた送別の言葉が今も忘れられません。将来を期待して採用しただけに残念だが、みんながこれからも応援している、決して後ろ指を指されないように精一杯頑張ってほしい——。そんな温かい言葉でした。「よしもう一度、今度は普通の会社員としてがんばってみよう」。そう腹に決めました。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら