「KDDI Business ID」の開発プロジェクトで初のアジャイル開発が成功したあと、KDDIのクラウドサービス担当チームが次に挑んだのは、社内での横展開だった。2番手として選ばれたのが、クラウド上で稼働させている仮想サーバーやネットワークなどの構成を可視化する機能の開発プロジェクトだ。

 プロジェクトを主導したのは、プラットフォーム開発本部 クラウドサービス開発部 開発4グループ マネージャーの北条裕樹氏。当初、従来通りウォーターフォール型で開発を進めるつもりだった。そこに、ソリューション事業企画本部 クラウドサービス企画部長の藤井彰人氏から、アジャイルを採用するようにと指示があった。2014年の10月ごろのことだ。

 「いつまでに何を作るべきかはっきりしているし、リスクもそれほど感じていなかった。正直、ウォーターフォールでいいんじゃないのか、と思っていた」(北条氏)。割り切れない思いを感じながら、アジャイル型に変更することになった。

 KDDI Business IDの開発チームがアジャイルに挑んでいる様子はこれまでも遠目に見ていたが、「こいつら何をやっているんだ? という感じだった。何をどう進めていいか、さっぱり分からなかった」(北条氏)。そこで、KDDI Business IDのメンバーにヒアリングをすることから開始。アジャイルの基本から始まり、留意すべきポイントや、失敗を防ぐために必要なノウハウなどについて教えを受けた。さらに、KDDI Business IDでアジャイルの経験を積んだ開発者数人に、北条氏のプロジェクトにも加わってもらった。

結果に至るまでのプロセスを楽しむ

 実際にプロジェクトが動き出すと、「間もなく、これは良いなと思い始めた」(北条氏)。大きかったのが、チームの雰囲気が変わったことだ。北条氏は元々、自社の社員とSI事業者の社員が一つのチームとして一体感を持って開発できるようにしたいと考えていたが、従来の請負契約の関係では思うようにいかなかった。アジャイル開発で準委任契約に変わったことで、これが実現できた。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら