写真1●60年前に寄贈した黒板に文字を書くサカワ3代目社長の坂和壽々子氏
[画像のクリックで拡大表示]

 松山城から北東にクルマを10分走らせたところに1533年創立の鷲栄山妙清寺がある。同寺院は、火災や戦火による焼失、再興を繰り返し、今の場所に落ち着いた。この妙清寺の本堂に、今も現役として利用され続けている古い黒板がある。

 愛でるような眼差しで黒板を見つめる老齢の女性がいた。今年86歳を迎えるサカワ社長の坂和壽々子氏だ(写真1)。青いチョークで自身の名前と生年月日を書いてみる。「音が柔らかいね。今の黒板とは全然違うね」(壽々子氏)。

 サカワがこの黒板を妙清寺に寄贈したのは60年前になる。サカワにとって現存する黒板で最も古い黒板だ。「新しい黒板に取り換えると言っても住職がこれがいいと言うもんだから」。壽々子氏はうれしそうに言う。

夫の急逝、社長として駆けずり回る日々

 壽々子氏が3代目の社長に就任したのは1969年。39歳だった。夫で社長だった真道氏が急逝。「主人が死んだとき、どんなして食べていこうかと思いましたよ」と壽々子氏は振り返る。クルマの免許を取って既に営業や納品の手伝いをしていた壽々子氏は、四国中を駆けずり回った。

 「暗くなった山道が怖くて怖くて。街の光がぱっと見えるとほっとしてね」。壽々子氏は営業に納品に奔走するかたわら、どうしても自身で習得せねばとこだわった技術がある。「線引き」だ。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら