メールやファイル転送のWebサービスは多い。ただ、GoogleやDropboxなどのビッグネームが同様の機能を提供しているせいか、ユニークでニッチな機能を持つサービスが多いのも、このジャンルの特徴だ。ここでは、特にユニークと思われる4つのサービスを紹介しよう。もちろん、使い方によっては、実用性も高いサービスばかりだ(図1~4)。

◆クイックメール
http://15qm.com/

●料金
・無料

図1●クイックメールは15分間だけ有効なメールアドレスを利用できるサービス
生成したメールアドレスに届いたメールの受信と返信ができる。15分たつとメールアドレスは使えなくなる
[画像のクリックで拡大表示]

◆Melt Mail(メルトメール)
https://meltmail.com/

●料金
・無料

図2●Melt Mailは一定時間だけ有効なメールアドレスを生成し、そこに届いたメールをいつも使っているメールアドレスに転送するサービス
いつも使っているメールソフトで受信できるのがメリットだ
[画像のクリックで拡大表示]

◆Self-Destructing Message(セルフ デストラクション メッセージ)
http://www.destructingmessage.com/

●料金
・無料

図3●Self-Destructing Messageは指定した時間が経過すると、自動的に消滅するメッセージを作成できるサービス
痕跡を残すことなくメッセージを伝えられる
[画像のクリックで拡大表示]

◆WeTransfer(ウィトランスファー)
https://www.wetransfer.com/

●料金
・無料版(無料)
・Plus(10ドル/月:支払いは年払いのみ)

図4●WeTransferは最大2GBのファイルを無料で転送できるサービス
ユーザー登録が必要ないので、アクセスしてすぐに使える手軽さがウリだ。セキュリティを高めた有料版もある
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら