かつて世界最大のビットコイン取引所だった「Mt.Gox(マウントゴックス)」の運営会社、MTGOX社長のマルク・カルプレス容疑者が2015年8月21日、再逮捕された。会社名義の銀行口座から約11億円を独断で出金、そのうちの3億2000万円について着服した疑いだ。

 2014年2月28日に経営破綻したMTGOX。カルプレス容疑者は当時、約65万BTC(ビットコインの単位、現在の相場で約200億円)と現金約28億円を外部からのサイバー攻撃によって奪われた、と説明した。しかし実際に奪っていたのは、カルプレス容疑者自身だった可能性が強まっている。

突然、取り引きが全面停止

 「ビットコインが奪われたという(カルプレス容疑者の)主張は信じていなかった」。こう話すのは、東京都・杉並区在住の佐藤氏(仮名)だ。

 佐藤氏がMt.Goxに口座を開設したのは2013年12月のこと。ところが、わずか3カ月にして口座は意味をなさなくなった。異変に気付いたのは2014年2月25日。Mt.GoxのWebサイトを開こうとして佐藤氏は驚愕した。トップページが真っ白だったのだ。ビットコインと現金の交換はおろか、預けていたビットコインを引き出すこともできない。突然、一切の取り引きができなくなったのだ。

 翌26日、カルプレス容疑者から顧客宛てのメッセージが、Mt.Goxのトップページに掲載された(図1)。「カルプレス氏は日本におり、問題解決に努めている」「当面はビットコイン取引を全面停止する」といった内容だ。

図●2014年2月26日にMt.Gox(マウントゴックス)のトップページに掲載された内容
[画像のクリックで拡大表示]

 2日後の2月28日、MTGOXは都内で会見を開いた。東京地方裁判所に民事再生法の適用を申請、これが受理されたことを発表し、経営破綻した。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら