Popup

 VBAのMsgBox関数は、ユーザーがボタンを押すまで表示され続けます。指定した時間が経過した後に自動的に閉じるMsgBoxを表示するには、Windows Scripting Host(WSH)のPopupメソッドを使います。

 引数には、表示するメッセージ、閉じるまでの時間(秒)、メッセージボックスのタイトル、アイコンやボタンの種類、の4つを指定します。後ろの3つは省略可能です。アイコンやボタンの種類を表す定数は、「vbInformation」で「i」のマーク、「vbCritical」で「×」の警告マーク、「vbQuestion」で「?」のマーク、「vbExclamation」で「!」の注意マークとなります。そのほか、「vbOKCancel」「vbYesNoCancel」などの定数で、ボタンの種類を指定できます。

[画像のクリックで拡大表示]
出典:日経ソフトウエア 2014年4月号付録
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。