セル範囲.Merge

 セル範囲を結合するには、セル範囲を表すRangeオブジェクトに対してMergeメソッドを実行します。結合したセルに値を入力するには、結合した範囲の左上隅に位置するセルに、値を代入します。ツールバーにある「セルを結合して中央揃え」ボタンと違って、Mergeメソッドは結合するだけなので、文字列の中央揃えは行いません。

 なお、結合されている範囲は、MergeAreaプロパティで取得できます。RangeオブジェクトのMergeCellsプロパティは、そのセルが結合されているとTrueを返します。セルの結合を解除するときは、UnMergeメソッドを実行します。

[画像のクリックで拡大表示]
出典:日経ソフトウエア 2014年4月号付録
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。